兄弟構成でみる恋愛傾向


兄弟構成によって性格が変わってくると知っている人も多いのではないでしょうか。
自分に照らし合わせてみるも良し、気になる相手に照らし合わせるのも良いでしょう。
新たな発見があるかもしれません。

長子の恋愛傾向

実は甘えん坊

弟妹の手本にならなくてはいけない長子は、どんな時でもしっかりしようとしますが、実は甘えたいと思っている人が多いんだそう。

好きになってもらうと流される

恋に慎重な一面もありますが、人からの好意には弱く自分を好きになった人を好きになってしまう。

硬く堅実

親の期待を背負ってきたのでとても真面目で堅実なので、理想のタイプへのこだわりも強い。

自己主張はあまりしない

ずっと面倒を見る立場だったのであまり自己主張はしないタイプで、相手の様子を伺う人が多いんだとか。

中間っ子の恋愛傾向

愛されたい欲求が強い

マイペースに思われがちですが、愛されたいという欲求はどの兄弟よりも多いそうです。

自分を持っている

これといったら曲げないちょっと頑固な一面もあるので、心許した相手には我がままだと思われる態度を取る事も。

甘えることも甘やかす事も出来る

バランス感覚があるので相手を甘えさせることも、相手に甘えることも出来るのが中間っ子の特徴です。

外見より内面派

【カッコいい・可愛い】という言葉よりも、【優しい・頼りがいがある】というような言葉の方にトキメキを感じるそうですね。

末っ子の恋愛傾向

自信がある

愛情を素直に受けて育った末っ子は自信がある人が多いので、アプローチの積極的で押せ押せなタイプ。

束縛されるのは嫌い

意外と恋愛に対してクールな面を持っているので、束縛されるのを嫌う人が多いんだとか。

さびしがり屋

束縛されるのは嫌いですが寂しがりやな一面があるので、一緒に共有する時間を大事に考えています。

甘え上手

根っからの甘え上手ですので、兄貴・姉御肌のタイプの人ととても相性がよく、そんな人と過ごすのが自分も楽ですし相手も嬉しいのです。

一人っ子の恋愛傾向

愛情深い

親からの愛を一身に受けてきた一人っ子は、相手に対しても愛情を注ぐ傾向が強いそうです。

尽くすタイプ

我がままだと思われがちですが相手に尽くすのが好きな人が多く、恋人にべったりなんていうタイプも多いんだとか。

恋愛に対しては少し臆病

感情を人に表現するのが苦手で、相手の気持ちを受け取るのも苦手なので、少しでも反応が薄かったりするとすぐあきらめるみたいです。

一人の時間は必要

恋人にべったりだったり嫉妬しやすい性格なのに、一人の時間は必要な人が多いのが一人っ子の特徴です。